« 朝礼再開 職場の教養 | トップページ | 健忘症?ワールドホビーフェアー »

2007年2月 3日 (土)

節分の思い出

Top 色んな占いで節目となる「節分」

鬼は外しか知らない。たった5分ぐらいで終わる節分。殻つきピーナツと、ヌガーを内外にばらまく、投げつける、投げつけられる、拾って食べる。それが節分。

医院を建てる時に、大工さんに言われた。

「節分の日をまたいで、医院に泊まってください」

壁も無ければ、屋根も無い、柱だけが立ってるだけ。おまけに天気はぐずりがち。

「ビニールシートを準備します」

「30分ぐらいでいいんです」

今思うと、節分に何かしらの意味を感じておられたのだろう。

幸い雨は降らず、大工さんの準備してくれた、ビニールシートの中で過ごした。電球も準備してあった。中でウィスキーを飲んで過ごした記憶がある。

日とか、方角とか、地相とか、苦手な分野。

確かにあるとは思うけど。

知り合いの方が新築される。方位方角を4回ぐらい専門の方と打ち合わせされたそう。節分までに、「棟上」が必要とのことで、大変だったそう。ご本人は、あまり関心が無い感じなのだが、周りの人がはまっておられた。

節分恐るべし!!

どうしても中だるみになる自分。リセットとしての節分利用。

長男と去年も行った「ワールドホビーフェアー福岡」に行く。ヤフードームである。ものめずらしさに見物しても1時間。残りの時間をリセットに使う。

巻き寿司食うのだけは、ナンカ許せん気がする。

大昔に豆はあっても、鬼はいても、「巻き寿司」は無かったろう。

« 朝礼再開 職場の教養 | トップページ | 健忘症?ワールドホビーフェアー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分の思い出:

« 朝礼再開 職場の教養 | トップページ | 健忘症?ワールドホビーフェアー »