« 青森 弘前 | トップページ | 体育の日は10月10日 »

2006年10月11日 (水)

魔球の正体。

子供がアメフトの漫画に凝っているおかげで、アメフト用のボールでキャッチボール。

これが上手く投げられない、投げた方向にねじの用に回転しないと上手く飛びません。いわゆる、スパイラル回転しないと、距離も方向性もまるでだめ。

このスパイラルが投げられない。

子供は意図も簡単に投げられます。ていうか全部がスパイラル回転。

実は全ての子供(人間)は自然に素直なスパイラル回転のボールが投げられるのです。

そして・・・

ほとんどが大人になると投げられなくなる。様々な理論が指導が経験が、スパイラルを投げれなくするんだそうです。

ごくまれに、プロ野球で投げられるピッチャーがいます。ふつうの球とは違う軌道を描く。不思議なボール。

子供に教えられて、スパイラルに挑戦!!

5回に一回ぐらいは、投げられるようになりました。スパイラルでボールを投げると,身体が楽で自然。

いつから投げることができなくなったのでしょう。

« 青森 弘前 | トップページ | 体育の日は10月10日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔球の正体。:

« 青森 弘前 | トップページ | 体育の日は10月10日 »