« 筋肉痛とビジネス本 | トップページ | 朝の特急とスポーツ新聞 »

2006年10月24日 (火)

親権

「子供の手術を、拒否した両親から親権の剥奪」

先日の新聞の一面に出ていた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061022-00000011-san-soci

「助かるための手術を拒否するのは、ネグレクト(育児放棄)」

子供、特に赤ちゃんの場合は、真剣に難しい問題の気がする。医療関係者側が申し出て執行するのは裁判所らしいが、物凄く悩むんだろうな。

文章にできない色んな考えが渦巻く。

その子のその後の人生もあることだし。

「手術をするなら、この子を育てない」と宣言するケース

術後の経過が思わしくなく新たな問題が出るケース

ハッピーエンドばかりではなかろう。

問題山積みだが、子供の身体は時間は待ってくれない。誰かが、決めなくては。

決断して実行。取れない責任はある。決断した誰かを見習いたい。

一方でこれhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061019-00000512-yom-soci

« 筋肉痛とビジネス本 | トップページ | 朝の特急とスポーツ新聞 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親権:

« 筋肉痛とビジネス本 | トップページ | 朝の特急とスポーツ新聞 »