« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

悔やみの効果

一昨日悔やみこんだおかげが、昨日は朗らかな症例が続いた。

「きれいになったね」と思わず言ってしまった、矯正の女性。多分ご本人も少し以上に気がついてるはず。

「もう安心ですね」8年ぐらい前に、少し試行錯誤多目の治療方針の患者さん。トラブルを乗り越えて今でも当院に来てもらえる。

「先生。検査はなしね」  オッケーです。仰せの通りに。

朗らかな気持ちでお昼休みのインプラント、最後の左上。抜歯したのが遅かったので、少し慎重。歯肉をあけると中の骨は「バッチコイ!!」

超速攻で上手く行きました。

最近の問題は、時間が必ず解決してくれる。タイマーをセットしている。必ず100%で発動する仕掛けをしている。

それなのに我慢できない。FAKE IT!

2006年9月29日 (金)

もちは餅屋

知り合いの技工士さんに、習い事に行きました。

あっという間に3時間。色々、勉強になりました。院長によって医院の性質は決まります。これは本当。何か問題があれば、足元を見ることが必要かな?

スタッフの質は院長で決まる(80%ぐらいかな?)彼を見ていると本当にそう思いました。患者さんのため、自分のため、スタッフのため、までは良くありますが、「医院の為」という意識を強く持っている技工士さんは少ないのでは?

良い人と付き合うには?どうすれば?

人を判断する時に、一つのことで決めてはいけない!

一回のミスで、「あいつは本当に!!」などと全体を決めつけないように!という趣旨かな?確かにそうなんだけどね。

逆の意見。細かい点で判断して全体に迷わされない!!

「暴力振るわない時は、いつも優しいのよ!」っていくら普段優しくても、グーはいかんだろうに!!「酒が入らなければ良い奴なんだ!」って始終飲んでるじゃん。

どちらも正しいのかな?

どちらを選択するかは、こちら側の問題です。

2006年9月28日 (木)

しょんぼり

子供は今と未来しか考えない。だから元気。

過去を振り返る赤ちゃんなどいない。あの時こうしとけば!と悔やむ幼稚園児もそうは多くないと思う。自分も、あまり振り返らない。ところが・・・・

仕事は別。

悔やんだってしょうがないのに、物凄くまれに、悔やむ。今日は久しぶりに悔やむ、悔やむ。

この前悔やんだのはいつだろう?悔やみすぎて床屋さんにいく気もしない。出来事は変えられない、起きる感情をコントロールとは言うものの!!

もう少し悔やも。

失敗は恐れないし、新しい発見だと思っている。ミスは別!!

大ポカ!!人任せにしていたのが、慣れて来たのが、ミスを生む。久しぶりにミスをしたような気がする。被害は最小限に!!勇気と誠意を持って行動。

悪い気持ちも、ミスを生む。

以前、東京に行く朝に奥さんとケンカ。むかつく気持ちで飛行場に。自動チェックイン機にチケットを入れるが何度もエラーの表示。

「ア~ついてない日は!」 イライラは高じるばかり。

ご立腹でカウンターに行ってチケットを差し出すと・・・

窓口  「お客様、このチケットでは乗れません」

私   「え!何で?どうして????」

窓口  「ここは宮崎空港です」

鹿児島空港発着のチケットでしたとさ。しょんぼりしながら・・

私  「飛行機ありますか?」

窓口 「ハイ、ありますよ47000円です」

完全にしょんぼりする。悪い気持ちの日は気をつけましょう。怒りや、負けん気でテンションあげる人もいますが、そうでない人もいる。

2006年9月27日 (水)

NHK今日の健康

今日は、顎関節症についてでした。明日は口臭。

ビデオの録画はしましたが、「ん~」院内で流すべきか?どうしましょう・・・・

わかりやすい説明は大変参考になります。特に分類については、やはり教科書的なものが必要です。臨床は違うというものの、公的なお墨付きも必要な時代です。

ところが治療方針は結構いただけない。

生活習慣に目を向けているところは評価しますが。その治療を身内に施すのか?と疑問の沸く放送でした。

昨日は、インプラント予定だった、患者さんが満を持してこられました。顎関節の触診をします。明らかに半年前と違います。

「最近ラッキーですね!」

「どうして判るの?順調なのよ」

患者さんの持つポテンシャルを再確認しました。男には絶対無い、女性の神秘に頭が下がります。50を前にして患者さんを待つことができ始めました。

子供は別だけどね!

2006年9月26日 (火)

節制の行方

大昔、生まれて初めて行きつけのお店ができて、嬉しくて足繁く通いました。最初の3ヶ月は、マスターも私も殆ど会話をせず(どうして??)、おまけに他にお客さんがいなくて(何で??)、新聞を持ってお店に行っていました。

そっぽをむいてるマスターと、新聞を隅から隅まで読む私。

お酒は、エンブレム(キープした!)の水割り。当然手酌!!

突然仲良くなり。その方から、色んなお酒の事を学びました。どんなバーにもお酒にも気後れしないのは、その時の訓練?の賜物だと思っています(ワインは別)。ホントに良くお酒を飲んでいました。

ところが・・・・

ここ数年大好きだったお酒を、セーブします。平日はもちろん、週末も飲まなくなりました。

理由はセーブの仕方を見つけたのと、週末の歯科医師会の野球です。

日曜日は熊本で定期戦でした。土曜日の朝一のJRで鹿児島に家族を迎えに行き、運転して福岡へ。日曜日の朝5時前に起きてウォーキングとストレッチ、車で一人熊本へ、リリーフのあと1試合投げて、再び福岡へ家族を迎えに、家族サービスをして、鹿児島に車で送って、一人都城に帰って。

身体勝負!!

歯科医師会の野球は、各県おっさん達の野球です。才能ではなく節制しかない人々の集まりです。投げ合った佐賀県の投手は鹿児島大学の半分同級生(47歳)。とてもスリムになっていました。

みんな節制してるんだよね。

2006年9月25日 (月)

今年は赤組の勝ち。

2512911232 運動会の予行演習で負けたほうが、本番では勝つ。

訳のわかんないフォークロア(都市伝説)ではあるが、自分の小学校の時は、結構な確率で当たっていた。大人の知恵なのか?単なる偶然か?私だけの思い込みか?

結構思い込みの力は強い。

思い込んでいるうちは無敵である。国がらみの民事の裁判記事をよむと、まさしく思い込み同士の戦い。お互い無敵の主張なので、裁くほうも大変だろうなと思う。

薬害など、あからさまに悪い方が決まっているのは「良かったな」と素直に思えるが、つい意地悪な気持ちにさせられるものもある。

040324327 全面勝訴!!不当判決!!の紙を裁判後に良く見るが、毎回両方用意しているのかな?それとも、その場で筆ペン(極太)で書いているのだろうか?墨を摺ってちゃ間に合わないよね。

紙を持って走ってくる姿を見ると、前者かな?

支援者の方々の万歳シーンなどがテレビで流れる。その後は、勝訴の打ち上げをやっているのだろうか?二次会はあるのだろうか?割り勘なのだろうか?

世の中は、そんなものなのかな?と思える判決もある。

写真と掲載記事とは関係ありません。(一度書いてみたかった)

まとめ書きはネタに困る。

2006年9月24日 (日)

おばちゃんが帰って来た

院内のお掃除や、後片付けなど、こまごましたことをお願いしている、おばちゃん。ここ10日ほど、東京に遊びに行かれていました。

とっても大変!!

やっと帰ってきてくれて、一安心。旅行のお話をうかがうと、

「思いっきりテレビ」に出たとの事。

少しコネがあって、一番前に座って目の前で「みのもんた」を見てきたとの事。物凄くうらやましい!!

受付さんにその話をすると・・・・

「いつの放送ですか?絶対見なくちゃ!」

生放送だよ、ホントに。

2006年9月23日 (土)

俯瞰(ふかん)する

Misslimthumbnail2 ♪小さい頃は神様がいて、毎日愛を届けてくれた~

本当に大昔、30年前にユーミンの曲。今でもラッキーなことがあると、「神様」のおかげと空を見る。

小さい頃の我が家には、沢山神様がいた。ご飯粒にもいるし、井戸にもいるし、縁の下にもいるし、石にも、山にも、ミミズにも、ありとあらゆるものに神様がいると。

神道バリバリと言うわけでは全然無いの、今思うと、しつけの口実としてすこぶる現実的に、神様が良く利用されていた。

しかし、「ばちが当たる」とは、しつけられなかった。

あるお話。

男が、神様とお話をしていた。

生まれてから、亡くなるまで、神様はずっと傍らをよりそうように一緒に歩いていたのだと。その証拠に、彼の人生の砂浜には、必ず二人分の足跡が刻まれていた。神様と男の足跡が。

ところが、ある時から、足跡は一つしかない。

男   「私が苦しい時に、貴方は私のそばにいなかった!」

神様 「いえ、いつも貴方のそばにいましたよ」

男  「嘘だ!!足跡は一つしかない無いじゃないか」

   「苦しい時に、神様に見放されてたんだ」

神様 「その足跡は、私が貴方をおぶって歩いたものですよ」 

神様頼みも、なんだかな?と思うが、全然信じないと「ラッキー」は来ない気が少しする。

連休前のまとめがき、本当に歯科とは関係ない文章。

2006年9月22日 (金)

景気の良い話

知り合いから「大台に乗ったよ」  

別の人から「新規移転」のお葉書

二人とも嬉しそう。同じ研修会を受けたのだから、かなり遅ればせながら、「頑張るぞ」と誓う。

その研修会で、気づいたのは。フランクになれない私(外人か!!) 

何とかしようと思ったが、予想外に難しいことに気づく。でもまあ良いかと、最近少しづつ、方向転換して進み始める。

別の研修会でお世話になった先生は、40歳過ぎてから開業。今は55歳。自分にもあと7年ある!と元気付けられる。おまけにヘビースモーカー。少しだけ良いお手本にしよう。

周りを見渡すと、「勉強好き」は異常に多い。お腹一杯になるくらいいる。種類も豊富で、満漢全席のよう。

僕だけかもしれないが、あまり将来の展望を考えてない?現状維持も大事だが、理想を持つのも大事。家族、スタッフ、患者さん、少しは予測を立てて、理想を考える。

お手本の先生が言われてた。

「歯医者になった時に、歯医者を辞めるときのことを考えた」

少しせっかちさんの気もするが、大きな方向転換したことのある人は、次の方向転換を考えるのかな?

2006年9月21日 (木)

机の整理

Kashibako1 生命保険の証書を探し始めたら、大掃除になってしまった!!

「引き出しの中にあったはず」の思いこみで、机の引き出し、棚の引き出し、本棚の引き出し、チェストの引き出し。

引き出しの旅は続く!!

捨てまくることで、ごみの濃度を薄めて、探すのだが見つからない!!

ついにダンボールに捨てまくったゴミの旅が始まる。さすがに捨てるはずは無い!最後に見たのは春だったはず。

2時間経って涙目になりかけた頃に、出窓に置いてあるお菓子の箱が目に付く。まさかと思いながらふたを開けると・・・・・

今週の目標は「100円ライターを失くさない」「床のゴミを拾う」「リモコンをケースに毎回入れる」「携帯を充電器に置く」

大きな目標も決めようかな?と思った矢先の「引き出しの旅」

コピーライターの糸井重里さんと、脳科学者の茂木健一郎さんの対談が放映された。その中の会話で、大きな目標を口にする人よりも

「小さな目標を沢山もっている人が良い」

今週は、とりあえず100円ライターを失くさない。

2006年9月20日 (水)

筆跡占い

P1003558184 たまに本屋さんで目に付く。筆跡でその人を占うもの。

物凄い悪筆な私であるが、立ち読みする。そして自己鑑定。

当たっているような?気がする。

本には意識して文字を変えると、そういう人格になると書いてある。「んなバカな!」と思いながら最近少しだけ工夫を始めている。そのわけは・・・・・

最近聞いた話に、

「不幸にして手の機能を失った方が、口や足で文字を書く訓練をされると、最終的に手で書いていたときの、癖がでる」

「筆跡は潜在意識の現われである」

話には前後があるので、ここだけ書くと怪しく思えるが、元が悪筆なので、字を変えることに全然抵抗は無い。ていねいに書くので、少しは読める字になる。ちょっと嬉しい。

保険改正で、電子カルテの導入を考え始めた。付随する便利な機能も魅力的。なにより、読める!!

当院のカルテには、私はもとより、スタッフの書き込みが沢山ある。

これが結構、役に立つ。

2006年9月19日 (火)

口臭の原因は?

感情なんて脳の中の出来事さ!

448008439801_scmzzzzzzz_v60777173_ 唯脳論的な考えが、はやっている気がします。きっかけは「養老孟司」さんの登場。「バカの壁」の数年前ぐらいからかな?

これが中途半端に理系な私にはしっくり来ました。確かに事実だしね。

「ハートは頭の中にある」

普通の生活、問題を扱うにはこれでも良いかもしれない。問題解決のアプローチに「脳みそ」が加わると、効果的な人は少なからずいる。

自分の子供にも・・・・

子供 「お父さんお腹がすいたよ!!」

私   「もう少し我慢しなさい。」

子供  「お腹がペコペコだって言ってるよ」

私   「それはね、お腹ではなく脳が言ってるんだよ」

子供  「違うよさっき、お父さんが自分でペコペコって言ったよ」

我が家には少し向かない。

口臭原因の除去は、物質の除去、検査結果の改善、理論的な説得、唯脳論的なものだけではない。

だからこそ、初診時には3時間近くかかるよね。

2006年9月18日 (月)

楽しそうな高校生

347474189 高校3年生が来る。親知らずの抜歯。少し痛みがある様子。

私  「卒業したら、どうすんの?」

高3 「福岡に行くつもりです」

痛いはずなのに、麻酔を打たれるのは怖いはずなののに、親知らずを抜くのは不安なはずなのに・・・・・

ニッコリして答える、高校3年生。

こちらも、ニッコリさせてもらえる笑顔。

いればの患者さんからお菓子を頂く、2個目の入れ歯。四苦八苦しながら、毎回お話を聞く。様々な身体の不調と、全ての治療の不成功を、年表のように語られる。

かなり覚えてしまった。

当然ニッコリはされてない。今回の入れ歯もどうなのかいな?

とりあえず、スタッフは喜んでマドレーヌを食べているのでいいかな?

6年前の噛み合わせに問題のある患者さん、保険外の治療も多いが、無断キャンセルも多い。その上担当の衛生士さんがいないと、治療が進まない。前歯に使った費用を本当はインプラントに・・・・

「いやだ」とあっさり拒否。

噛み合わせも落ち着き、問題はオールクリアー(おまけもあり) 「どうです、頑張ってよかったでしょう」と言うと・・・

「あたしのおかげで、良い勉強ができたでしょう。感謝しなさい」

人は難しい。でもまあまあ楽しい。

2006年9月17日 (日)

シンクロニシティー

矯正後の後戻りの患者さんが来られた。

防止装置が、少し苦手だったのかな?でも少し目立つところ。速攻で改善しなくては!!と思った1分後に久しぶりに友人から電話。

偶然に後戻り改善の新情報を知らされる!!

これがあるから、トラブルも捨てたもんじゃない。

実は結構、偶然に助けられる。トラブル時のラッキーは、ギリギリで起こるので予見はできないが、少しだけ法則みたいなものはある。それは・・・・

「ちゃんとしてること」

トラブル時のアンラッキーと本当に真逆の状態な時に起こる。

もうすぐ野球大会。ラッキーを起こすには、そろそろトレーニングを本格化しないといけない。

院長室に転がるダンベルとパワーチェーンとボール。

2006年9月16日 (土)

小雨の運動会

Undoukai2 先週の日曜日は、小雨の振る中長女の運動会を、見ていました。

運動場全体を見渡せる、駐車場の端で傘をさしながら見ていると「動いてる子供はいいよな~」と、つくづく思いました。

行動で気分は変る

PCの前に座っての仕事が増えそうな予感。電磁波うんぬんではなく、夜中にモニターの前でじっとしている事が、少し暗めに気分を変えるのかな?

今週やってきた「ウィルス」の、コメントは

congratulation!! You are my best friend!!

どんな顔して、作業しているのだろうか?PCの前ではあっという間に時間が過ぎる。長時間暗い顔では、身体に悪い。

そうは言っても、今回の仕事はさすがに院長の役目。

明るい身体の使い方に少し気をつける。新しいことを始める時は初速が大事。ここでへタルと、上手くいかない。

鼻歌、深呼吸、筋トレ、散歩、

406149668909mzzzzzzz 「脳を活かす!必勝の時間攻略法」にもアイデアを沸かすには、身体が大事と書いてあった。

歩き回りながら、アイデアを練るのだが、思い出した端から忘れている、おまけに小雨が振ってきた。

走り出す私。

ずぶぬれで家に着いたときには、アイデアは溶けていた。

2006年9月15日 (金)

レベルアップ

お昼に、患者さん説明用ソフトの講習を受けた。

今までも写真をモニター上で、印刷して説明していたが、どこかスマートさにかける。説明グッズにも手作り感はあるが、どうなんでしょう?

伝わらないと意味が無い!!

ツール半分、気持ち半分。自分自身は最近は気持ちに重点を置きだしているが、満遍なくとは行かない。スタッフが気持ちよく説明できるものが欲しいなと思っていた。

一通りお話をうかがって、今のシステムとかぶる点が多く、見送りました。

Kin 説明に来てくださった女性に「ウィルス対策」をお願いしました。今朝からメールが受け取れない。対策ソフトは「ウィルス」を見つけて捕らえてくれてはいるのだが、除去の方法がわからない。

お願いすると・・・あっという間に殺してくれました。

ありがとうございました!!

餅は餅屋!!もうすぐ来てもらえるかもしれないスタッフは、当院の弱点を補って余りある人。

レベルアップの夢は膨らむ。

2006年9月14日 (木)

ワンパターン

インプラントをやり始めた頃は、実は少しドキドキしていた。

昨日のお昼に、インプラント。いつもは機材や準備を他の患者さんに見せるが嫌なので、はかしてから行う。

偶然残った2名の患者さんもインプラント済みの方だった。早めにに準備をして、患者さんを入れました。

術者は慣れているとはいえ、患者さんは初体験。ワンパターンにならないように、少しだけドキドキするように努める。

左下6番の中間欠損。

大昔なら両端の歯を削ってブリッジにしている。

「このままでは歯が倒れたり、咬み合せに不都合が出ますよ」

嘘とは言わないけど、ワンパターンではあるまいと思う。

「このままで様子を見ませんか」と言ったのが、5年前。欠損部をしゃかりきに、しなくなって良かったな!!

昔はスタッフも全員見学していたのに、今ではさっさとお昼ご飯を食べている。

次回のインプラントはワンパターンではないよ!皆きちんと見てね。

2006年9月13日 (水)

未来への手紙

口臭治療を始めるに際して、頭の中でシュミレーション

http://www.honda.or.jp/

書き出してみると、沢山することがある。スタッフ、お金、お知らせ、時間、設備、それぞれを紙に書き出すとこまではやったのですが・・・・

Fas 昨日はあまりにお腹がすきすぎて、たらふく食ったら速攻で爆睡!!

おバカには、セルフコントロールが難しい。

昨日やることに「未来への手紙」を書くことがありました。

自己啓発など胡散臭いと思っていた昔。17,8年ぐらい前かな?あるセミナーに知り合いに強制されて参加しました。最後にセルフコントロールできる呪文をパーソナルに教えてくれる?とかなんとか・・・

セミナー終了後個室に一人づつ呼ばれて、10分ぐらいかな?「呪文」を戴く。

私の番が来ました。個室に入って席に着きました。

「あなたはいいです」すぐに退室。

少しさびしかった?覚えていませんが。別に反抗的な態度をとったりはしてないはずです。知り合いに「呪文」教えて!とお願いすると・・・

「教えると、呪文の効果が無くなるし、僕個人の呪文だよ」

「未来への手紙」は僕が僕にかける「呪文」です。説明を聞くとうなずけるものがあります。

それなのに!弁当二つ食って、爆睡。

少し遅れましたが、今から書きます。

2006年9月12日 (火)

認定医

Lg_2005decmon_172515_1_1 先週の金曜に口臭治療の研修が終わり、認定医を頂きました。

「ありがとうございました」と部屋を出た後、知らないうちに「あわてんぼうのサンタクロース」を口ずさんでいました。

結構、気分屋で鼻歌を歌います。

昔、葬儀に出れずに、家にご焼香を上げに行きました。仲のよい友人ということもあったのでしょうが、当時聞き込んでいた音楽を知らないうちに口ずさんでいて、同伴者に注意されました。

昔よく口ずさんでいた・・・EPO

Epo EPOのプライベートコンサートのお知らせが来ました。

ちょうど先約が入っており、行くべきか?物凄く迷っています。行きたいのは山々なのですが。実は感情を共感されるのが、するのが、物凄く苦手!!でも大好きなERO!!

天邪鬼な性格が申し込みを遅らせています。

どうして共感が嫌いなのか?するのもされるのも!

何か呪文をかけられているのかしら?

2006年9月11日 (月)

道頓堀の朝

H000003221_panorama 大阪の研修会で今回は道頓堀川沿いの大和屋本店に泊まりました。

歓楽街「ナンバ」の東のはずれ、日本橋の駅のそばです。

土曜日の朝5時にホテルを出て、「ナンバ」の飲み屋街を抜けて空港バス乗り場まで歩いて行きました。

朝の5時なのに、ゴロゴロ楽しそうな人がいます。

夜も楽しそうだったのですが、25%ぐらいの楽しそうが朝5時にも残っています。

「いいなあ~」

バス停は高島屋のそばです。「松屋」でお味噌汁でも飲もうかなと、店内を見ると、きっちり腰をすえて朝日の中で「中ジョッキ」をあおるおっさん達。

「いいなあ~」

あと10年経ったら・・・それまで健康を維持するぞ!!

多分、60になったら考えは変っていると思うけど、いつでも「あちら側」に行けるように、仕事や家庭を頑張ろう!!!

おばかな目標ですが、結構簡単にモチベーションは上がる。

2006年9月10日 (日)

最終便で道頓堀へ

374638449 今は7日の朝。今日は診療を早めに切り上げて、大阪へ!!

8日は友人にお借りした女医さんが代診に来てくれます。前回に続いて2度目。患者さんの受けもスタッフの受けも大変よろしい。「人の力」というものを再認識しました。その日来院されていた、男性にうかがうと・・・・

「やっぱり、柔らかい気がするわ」

歯科治療は、イメージも、質も、「柔らかさ」とは正反対な気がします。

ガチに進めると度合いは増します。それを柔らかく表現できるのは、個性もあるでしょうが、やはり性差もあるのかな??

性差は改善できないし(当たり前!)

柔らかい治療ね~少し考えて見る価値ありかな。

今日はやることが沢山ある。お昼はインプラント、床屋、訪問、お買い物、宿題、旅行の準備、つけがフルで回ってきてる。多分全部は無理だよね。

ねじが緩むとすぐこうなる。

Nara_p_02 自分でまいた種は、すぐに大きくなる。はっと気づくと「道無きジャングル」になっている。4年前は、人外境に近かった。中途半端にじたばたしたら少しは改善できてるかな?それでも・・・・

細いけもの道程度かな?その先は・・・・・・

2006年9月 9日 (土)

スタッフ矯正研修会

どうだった?と尋ねると・・・

60名ぐらい来ていました!!とのこと。講師の先生のお人柄に勝るものは無いよな~と実感した次第。スタッフの一人が「お手伝いしていた矯正の先生に見学に来い!と言われました」

行って良いよ。ぜひ行ってください!!お願いする私。

話しかわって、ある夕方の会話

「どうしてここまで!!」と柔らかく、患者さんに聞きます。

「100万以上かかると言われました」

「誰に!!」と柔らかく。

「近所の人に」

ん~  全ての人が矯正の敷居は高いと思っています。

簡単なケース、難易度の高いケースあり、敷居の高さはまちまちです。自費であれば、医院によっても敷居が違うし、方法も少し違う。しかし・・・・ホントに

「近所の人」は、無責任なだけ。

一般歯科医が矯正をすることに、賛否出てくるかもしれません。

技術と結果がともなうように努力を積むしかありません。この方法で全てオッケーなどど、安易な道にも走りません。

今回の患者さんは虫歯はゼロです。歯列もほぼ整っています。しかし「手術」ケースです。一般歯科医に、手術ケースの技量を求めるのは、無理としても。診査診断の知識、技術は必要かな?正しく伝える努力も。

少なくとも手術ケースに至らないようにぐらいはね。

今回の衛生士矯正コースで、宮崎県の60人からのスタッフに正しい知識が備わります。

2006年9月 8日 (金)

奄美鶏飯

家族とのお昼ご飯に「奄美の里」に行きました。食べたメニューがこれ。

M_502 白ご飯に色んな具を乗っけて、鶏のスープをかける。鹿児島に8年いましたが。食べたのは初めて。名物らしいのですが、こんな食べ方は、普通の家庭ではしないと思う。

まあまあ美味い?

少しだけ感動したのは、スープは昔の味がしたこと。久しく忘れていた、自宅で鶏を絞めていた頃の本当の田舎の味でした。

レモンスライスはよけいだったけどね。

家族が頼んだのは、オムライスと、カレーと白熊(カキ氷のいいやつ)

何がなんだか?

奄美の里の建物は、とっても古い。大島紬が全盛の頃に建てられたのかな?

しかしとても立派。分厚いコンクリートに、綺麗なタイル。高い天井に、バリアフリーとは縁の無い妙な段差。最近のファミレスとは正反対。

昭和の建物!!(大好き)

都城の我が家は、30年近くたっている、昭和の中古住宅を。

お風呂と台所とリビングはさすがに手を入れたけど、後は手付かず。玄関はタイル張り。なぜかタイル好き。欄間も好き。床の間も好き。縁側も好き。

子供や奥さんにはすこぶる不興だけど・・・

2006年9月 7日 (木)

肩鎖関節の簡単さ

土曜日は野球の試合。知り合いの先生が50肩で悩んでおられた。

「夜中に肩が痛くて目が覚めるんよ」

902a 禁じ手を試してみた。肩鎖関節の簡単な調整。グラウンドで、フリー打撃の外野守備の間。「ちょこちょこ」とね。

「楽になったわ」喜んでもらえる。

1410666618 頭の中に虫が湧き始める。

親しい間柄というのもあるが、切れてるわ!!自分自身にはちょくちょく行う。効くんだわこれが!!痛くもないし、数秒だし。

次回の合宿の時に、仙骨も調整させてと約束した。

年をとってもできる歯科治療は、入れ歯、矯正、予防、口臭、顎関節。とりあえずコマはそろえつつある。最後のコマは・・・・お悩み中。少なくとも都城ではしないかな??

しつこさと切れと気持ち。

2006年9月 6日 (水)

噛み合わせの明日

I_oring オーリングも、キネオロジーも中途半端。「おや?」と思った瞬間に潜在意識がふたをするのかな?

変な歯医者と思われていたかもしれない。妄信的に頑張った。

結構切れてる時期がありました。顎位を診断するのに使いました。

「これってなんて便利なの!!」どうして女言葉?

問題はその後の処置です。全ての患者さんにフルパワーで行うとなぜか?ヘトヘトになる。理由は・・・

治療計画を壮大なものにしてしまう。それを説明承認してもらうのに、慣れてなかった。

インプラント、矯正の敷居も高かった。

結果は必ず出ているのだけれど、時間も費用も、試行錯誤も必要な歯科治療方針は患者さんには大変だったかも。初期の頃のパワーはしぼみ始めた。ヘトヘトを潜在意識はすぐにキャッチする。

切れが無くなった、コンサバな方法を模索した。

それにしても説明がヘタクソだがね~

それでも、少しづつたまった症例。昨日の患者さんで、また少し頭の中に虫が湧き始めた。やっぱり上手く行く。

求む強敵。少しはずるがしこくなったしね。

2006年9月 5日 (火)

漫画と老眼

学生時代、友達の引越しを手伝った。報酬は漫画の単行本。

僕が500冊、もう一人の友人が500冊。これは報酬なのか?嫌がらせか?

開業して、さすがに漫画は読まなくなる年齢になったと思ったら、子供たちが漫画を読み始めた。そして単行本を買う。ついでに私も読む。

これが面白い!!

20050619_8627 長女の銀魂、長男のアイシールド21。最近読み始めたが、面白い。前者は異次元幕末ギャグ?漫画。後者はアメフト物。

漫画とはいえ、ストーリーや、ディティールに凝りに凝っている。絵もきれい。アメフトのほうは、大勢のチームの全ての資料(学校、選手、試合内容などなど)まできちんと構築されている。

カードゲームでも思うのだが複雑さを子供は案外好む。子供イコール単純とは思えない。知識が増えるのを子供は簡単に快感につなぐ。

駅名暗証の能力、資質は子供時代は誰でもあるのかな?

Ic9 メンバー描ききるだけでも、作者は大変そう。緻密で壮大。そしてホントに面白い。そこまで、こだわらんでもと思うくらい。

昔は花形満が小学生なのに車を運転していた。

正確で緻密なのは良いのだが、字が小さい気がする。子供向けなので漢字にはルビが振ってあるのだが、これがまた小さい。

老眼を気にするようになった。

2006年9月 4日 (月)

朝の散歩

20060412 街中を歩けば良いのだろうが、一度遠くまで歩いていって、途中で雨が降ってきて「悲しい子犬」になってから、車で移動して公園や競技場を歩くようにしています。

朝早くから、沢山の人が歩いています。

みんな健康になりたいのだろうなと。

公園の器具で思い思いのトレーニングに励んでおられます。少し疑問の浮かぶ動きもありますが、皆さん黙々とトレーニング。

元気でいたいのだろうなと思います。

歯も大事ですよ!!

院内の本に「ピンピンコロリ」をスローガンにした本があります。要は元気でパタッとあの世に行くには?という内容です。

そんなことを考えるのはまだ早い48歳。ピンピンを目指しましょう。次の戌年までは何とかならんかな?

2006年9月 3日 (日)

入れ歯の魔法

作り直しを希望される方は殆どが、不満を持って来院されています。修理で収まるものなら再製はあまりしません。

「どれくらい困ってますか?」

入れ歯作りは嫌いではないので、再製はウェルカムなのですが。どうして今の状態にあるかを考えると・・・・

完成までには時間がかかります。

かたどりして完成までの間も快適に過ごしてもらわないといけないので、旧義歯の調整や改造もしなくてはいけません。

チェアータイムもかかります。

それでも上手く行くと、患者さんも喜んでくれるし、こちらも楽しい。

Magic この前寝たきりの方に入れ歯を入れました。介護されてるかたに様子をうかがうと、早速、魔法がかかり始めたみたいです。

「動き回って、大変です」

入れ歯を入れると何が起こるのでしょうか?

2006年9月 2日 (土)

ツムラの24番

食事をしながら、世間話。最近やる気が出ないことをポツリと言うと・・・・

「貴方それは、絶対更年期よ」

「朝飯抜きで、自律神経がおかしくなったのよ!」

「5年かかるわ!」

「頑張っちゃダメよ、ゴロゴロしてなさい(ありがとう)」

T024 やけにリアルなアドバイス。不思議に思っていたら、ご主人がそうだとの事。そしてご自身も重い症状が出てお悩みになったとの話。

同じ痛みを知る人は、優しいよね。

女性の場合は、ケースにもよるのでしょうが、「ツムラの24番」漢方薬です。これでかなり快方に向かわれたとの事。

先日患者さんに同じ事をポツリとしゃべると・・・・

「先生それは、さびしいのよ」

「男の更年期なんて、精神的なものよ、単にさびしいだけ!!」

「私が毎晩電話してあげよっか」

実もふたも無い的確なアドバイス。思い当たるふしがあるけど、そんなに柔か?

頑張らなくて良いのは事実みたいです。頑張らずに少しだけ行動する。何でもいいから、少し動いとけば、脳みそが更年期を緩和してくれるそうな。

それにしても、女性は強い!!

2006年9月 1日 (金)

9月3日スタッフ矯正研修会

物凄く、シビアーな講習会に知り合いが通っています。

エンドレスで、毎回とても厳しい内容。主催される方のボランティア的なところもあるのですが、何しろ技術の敷居が高い。曲げて、捻ってのフルスロットル!!

G19v150 誰もついていけない!!

それでも楽しそうに知り合いは通っています。そんなのもありかなと思います。上手な人の症例や考え方や手技に触れるだけでも、一般歯科医には結構いけます。

研修会で一緒だった先生も16年間、矯正の同じコースに通われていました。ガチのスタンダードでした。

昔なら「何で??」と思ったかも。しかし最近は本当に矯正になじみ始めて、確かに奥が深くて、楽しさが難しさがよく分かり始めました。そしたら・・・

3日(日曜日)はスタッフ向けの矯正セミナーの一回目です。

二人分で申し込んでいたのですが、知らないうちに5人が参加することに!!慌てて知り合いから矯正用の模型を集めました。

子供たちのことを考えると、避けて通れない矯正。

様々な技法を盲信する気持ちはわかります。悪いことだとは思いません。たちが悪いのは、おおらかぶって嘯く奴です。一人しか知らないけど。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »