« 元気な朝帰り | トップページ | 都会帰り »

2006年8月29日 (火)

定期健診の隠し味

定期健診に来られる患者さんがいます。

歯槽膿漏や、虫歯だけが口の中を壊すものではないと10年前に強力に刷り込まれて、咬み合せに走りました。

診療をかなり窮屈なものに変えていきましたが、全然無駄とは思っていません。今でも全体を触る時には、必ず「噛み合わせ」に注意しますし、子供さんの管理にも大きく考慮するようになりました。

総入れ歯の人は虫歯はありません(当然!)歯槽膿漏もありません(当たり前!!)考慮すべきは噛み合わせ。

治療の質や幅は大きく広がりました。

咬み合せに口やかましい歯科医になりました。

ところがどっこい

人間は結構アバウト。定期健診の結果を見ると、患者さんに助けられている部分が多い。スタッフにも大きく助けられている。

歯科医の知恵や技量は、隠し味程度かな??

それでも歯科医が手をつけるからには、「噛み合わせ」は避けて通れない。あまりありがたがられないことが多いけど。

隠し味ね~

« 元気な朝帰り | トップページ | 都会帰り »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期健診の隠し味:

« 元気な朝帰り | トップページ | 都会帰り »