« お昼のインプラント | トップページ | 自分の歯が好きだから »

2006年7月 7日 (金)

大雨が降ると

大分前、鹿児島の竜ヶ水で、大雨による山崩れで、かなりの被害がでました。車を巻き込み、線路を越えて海にまで達する土砂災害でした。プロジェクトXでも放送されたと思います。今でも雨が強くなると、日豊線は慎重なダイヤにすぐ変ります。

その日、私は歯周病の研修会に福岡へ向かっていました。

大雨を避けて時間をずらして出発。高速は使えなくなっており、球磨川沿いは怖いので、別ルートを通りました。当然大渋滞。夜中の3時にホテルに着きました。

ベーシック、アドバンスと1年近く通った「船越歯周治療コース」は、今の診療スタイルを大きく支えてくれています。

「歯周外科してもしなくても、結果は一緒だよ」と嘯く(うそぶく)人もいましたが、「寄らば切るぞ」のご乱心状態で、歯周病に接していました。

あれから10年以上経ちました。

インプラントや、エムドゲインが身近になって治療自体が大きく変りましたが、リコール患者さんのファイルの中にある、術中のスライドを見ると、「この歯を残すんだ!!」と頑張っていた、当時の判断は間違っていなかったと思います。

噛み合わせに関しても、そろそろ10年経ちます。

« お昼のインプラント | トップページ | 自分の歯が好きだから »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お昼のインプラント | トップページ | 自分の歯が好きだから »