« 関西紀行 | トップページ | キレイな息 »

2006年7月19日 (水)

見学のありがたみ

口臭治療を専門に行っている歯科医院を見学しました。

普通の歯科治療のスペースは、チェアーが5台、歯科医師が2名か3名衛生士さんが5名です。口臭治療は現場を見学すると、本当にシビアーでした。スタッフの方に質問しました。

「歯周病の重い方はどうされるんですか?」

「衛生士の手に余る症例は、歯周外科のお話をしますし、行います」

中のスタッフは全て衛生士さん。いろんな場面できちんと院長にも自分の意見を言われます。それを「そうやね」と受け入れる歯科医師。

仕事や治療の質が上がると、本当にスタッフとの揉め事など無いのだなと思いました。

やはり、歯科医院のスタッフは、衛生士さんだよね!!と確信しました。ベテランが一時休止?する時がちかずいています。「助手さんでもいいかな?」少し頭をよぎりましたが、やはり見直します。

大阪の矯正専門医も見学に行きました。当然スタッフは、衛生士さんだけでした。大忙しの院内でしたが、治療のレベルは、自他共に認められるものです。

両医院とも、患者さんの満足をお気軽に設定しません。逆に、自分を追い込む?程の高いレベルにおいています。

見学してよかったなと。

« 関西紀行 | トップページ | キレイな息 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

おはようございます.
>患者さんの満足をお気軽に設定しません。逆に、自分を追い込む?程の高いレベルにおいています。

自分を追い込むのも,実力と相談しながら…でないと,苦しい…ですよね.かなり.すぐ,「妥協の虫」が…
霧島会だと,「普通に高レベル」って感じの方が多くて,自分はまだまだ,と思うことが多いです.高レベルでも,気軽に質問に答えてもらえるのが良いですね.
秋も楽しみです.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西紀行 | トップページ | キレイな息 »