« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

笑顔でスンナリ

水曜日は10時から11時まで、西宮の保田先生(元阪大助教授)に来て頂いて、矯正相談がありました。お休みのスタッフも出てきて、衛生士さんも楽しく緊張気味です。何か態度が違うぞ!

事前に資料を取ってあり、患者さんには私からも説明してあるのですが、やはり何か違うよね!

笑顔が一番違います。

数名の患者さんがスンナリ矯正を決められました。

当院の相談が終わるとその足で宮崎へ!そして県北へ!!本当に受講生は感謝しています。

夏からスタッフ向けの矯正コースが始まります。アシストはもちろん、術式や、基本的な診断、患者さんへのフォローなど、3回のコースです。当院からも私が勝手に2名(頑張ってね!!)予約してあります。

相談終了後にお昼のインプラントの患者さんが入っていたので、慌しくお話もできませんでした。

以前から矯正はしていたのですが、こんなに身近?な施術ではありませんでした。ケースを選んで、バカ慎重に行っていました。それがね~

メンターって必要だし、必要な時に自然と現れる。

2006年6月29日 (木)

エアロビ、

同じジムにスタッフが通っている。

「最近ジムに行っていますか?」と聞くと

Earo2 ジムの上にエアロビと、ミニバレーを始めたとの事。女性は偉いなと思います。

男性がねっころがって、サッカー観戦に興じている頃、色んなことにチャレンジする。じわじわ差が出るはずです。

患者さんとのお話の中で良く趣味の話が出る。魚釣り、ゴルフ、盆栽、山歩き、庭弄り、楽しそうにお話される。趣味は仕事しかないのよね・・・確かに仕事の話をしている時は私も楽しい。

治療だけが仕事でないとこがね・・・

エアロビはいろんな人が集まって、とても楽しいそうです。インストラクターも、患者さんとの事。全然知りませんでした。皆でするから楽しさ倍増!!そうだよね

すこしお疲れの今日この頃です。輪をかけるように嫌なことは起こります。起きた後の感情のコントロールで、全てが決まると、判っていても、中学生日記みたいに悩む。

出来事はコントロールできない。気持ちを身体で引っ張る自分です。アルコールや、煙草や、パソコンでは気分は変りません!!

レオタードでも買おうかな?

2006年6月28日 (水)

思い出を大切に

「この金歯を新しい入れ歯に移してくれんね?」

はい!オッケーです。患者さんにとっては大事な金歯。

大昔、患者さんの治療で「金歯」をはずさなくてはいけなかった。痛みも取れるし、見た目も良くなるし。何より金歯だし。説明する私の頭のなかには何も迷いはなかった。患者さんから・・・

「結婚記念日に主人からもらった金歯なの、はずさんといかん?」

お話をうかがうと、ホントにはるか大昔。当時としては、結構高価な贈り物の一つが「金歯」。指輪ならはずせるし、バッグなら質屋に入れられる。肌身離さず?つけられる金歯。鏡を覗くたび口元に光る金歯。

ましてや好きな人からの思い出の贈り物。

また金歯は持ちが良い!!ゴールドはお口の中のかぶせ物としては、最高だと思います。勧めはしないけど、本当です。なぜなら・・・・

アメリカ人の歯科医がどんな治療を自分自身の奥歯に選ぶか?という報告がありました。多かった選択は金属です。たぶん金歯。患者さんには白い歯を勧めるのにね。

最近金歯を入れ歯以外で見なくなりました。たまに見かけると「この金歯はどうしますか?」と尋ねるようにしています。

Slamma 写真は見かけるとついつい買ってしまう。読み方の判らないアルコールのラベルです。子供に見せると毎回笑います。笑いながら酔っ払える。金歯恐るべし!!

2006年6月27日 (火)

体の管理

昨日は宮崎で矯正のお話会。

仲の良い先生と二人なので、つい遅くまで話し込んでしまう。バイオブロックという超マイナーな矯正。段々闇が明るくなってきている気はするが、手をつけて3年、少しプロセスに問題ありかな?

待ち合わせは9時に医院で。時間ちょうどに来られた先生はほっぺがホノ赤い。

「ジムに行っていたんです」

身体を使うことで、健康を維持する。体力を使い果たして、ストックがなくなってる気がする今日この頃。ストックを作るためには、運動しかない。

Blog20photo20026 筋肉を維持して、歩く。これが私のワークアウト。無理に走らないし、マシーンの負荷を上げることもない。楽なのだけど・・・目標が定めにくい。

唯一の目標は体重。あと2週間で4キロ落とさないといけない。

歯科の先生方のお体の話をあちこちで聞く。そういう年齢にリーチがかかっている。病気になりたい人はいない。健康でいたいはず。ところが!!

私は少しだけ不健康が好き。

お昼は訪問診療を2件。夜は矯正の調整。夜中は、事務仕事。

少しでも良いから、ジムに行きましょう。幸い体が喜んでるのがまだ判る。身体が喜ぶと、心が喜ぶ単純な私に、感謝します。

2006年6月26日 (月)

誰に?

ワールドカップは残念でした。クロアチア戦のときは、鹿児島にいました。テレビがありません。見たいけど、眠たいし、次の日は5時起きだし。ビジネスホテルに長男と泊まりました。

レイトチェックインとかで、3600円!!

興味の無い長男はユニットバスでお風呂。ハーフタイムになって、覗きにいくとびしょびしょ!! スイマセン。

家に長男を無理やり送って、速攻でホテルに戻る。一回のバー?スペースは、臨時のサッカー観戦場になっている。

今までテレビでしか見たことが無かった、格好の人たちがたくさん。ユニフォームは当然として、ペインティングや被り物、頭に旗を立ててる奴。女性2男性8の割合かな?

部屋に戻って、悲しい凡戦を見終わった後、速攻で一階へ!!負けたてホヤホヤの人たちが、ぞろぞろ帰るとこでした。割と健全に粛々と。次はブラジルだもんね・・・

コンビニへ買い物に。携帯で話しながらの女の子二人組の会話

A  「ニッポン負けたって言ってるよ!」

B  「誰に?」

異常なサッカー通なのかもしれない。

2006年6月25日 (日)

また来て良いですか??

インプラントの治療計画を立てた患者さん。カウンセリングも済んで日にちも決めて、

ドタキャン3回・・・

院内を空っぽにして、インプラントは行う。予約表も調整する。3回目キャンセルの後はスタッフからの連絡も止めてもらっていた。少し怒ってる??

先日電話がかかってきた。

治療計画は、顎位(噛み合わせ)の変更と、上顎前歯の矯正が入っている。インプラントになってしまった原因と、現状を回復するには必要な治療計画と判断した。

簡単に、「インプラントをしてくいやん(方言)」と来院された、中年の男性にはハードルあげすぎかな?と思ったが、長考の末に当院の方針を受けてくださった。治療費もそれだけ高額になる(かなりおまけはしたけど)

2回に分けてインプラント。2回目は診療後8時位から行う予定。確かに仕事柄、時間に関してはこちらも少しは配慮しましょう(紹介だし)

アシスタントは近所のS先生。事後承諾だけどね・・・・

私が歯科医のうちは、責任を持って患者さんに当たりたい。結果を重視しすぎて、若い頃はバランスの悪い時期もあったが、今は大人になりました。

長持ちさせようね!!

2006年6月24日 (土)

子供の身体

長女が小学三年生の頃に、足が痛くなった。

あまり、「ふんふん」言うほうではないので、しばらく我慢していたみたい。たまらなくなって母親に訴えって、病院にいった。

「成長痛かな・?」 お薬と、様子見を指示されて帰って来た。

歩けなくなるぐらい痛みの増した数日後、病院にまた行った。

「松葉つえ」をもらって帰って来た。数日は松葉つえをして、学校に通っていたが、不憫でならない。

そもそも、普通の小学生が、いきなり松葉つえを使う状態になることを、「おやー?」と思わないのだろうか?松葉つえを出すことが、治療なのだろうか??

知り合いに電話をかけた。  松葉つえはいらなくなった

先週から長男が、足の痛みを訴えている。難儀な兄弟である。今朝、早く奥さんと一緒に遠方の医院に向かった。

手に負えないことはあるし、様子見も必要ではある。現状を受けれざる負えないこともある。大人にはね!

子供の身体について、守備範囲(歯、歯列、噛み合わせ、顎位)のなかで、更なる色んな知識と技術と、経験を積もう。

後は、発信である。HPはそのつもりで作ったんだけど・・・・・・

長男が治って帰って来たら、発信に力を入れよう。良い機会にする。

2006年6月23日 (金)

噛み合わせと色んな事

Khbln 去年神戸に一年間研修会に通いました。

以前も書いたO-リング。

きっかけは、地元の患者さんが何の関係か?当院にO-リングの治療に来られたからです。本当にギリギリな感じでした。

実際、数年前に東京の研修会に行きました。一回目は真面目に、二回目から別なとこに遊びに行ってしまいました。その時の名簿に当院が載っていて、その伝で来られてみたいでした。

その他の方法で何とかできる自信がありました。

全敗しました。

今でも済まない事をしてしまったと、反省してます。あまり知り合いではない、歯科医院を紹介しました。患者さんが、帰り際に・・・・

「ここで大丈夫だと娘に聞いたのに」

今でもその時の治療方針で上手く行くはずだと思っています。結果をあせりすぎたのかなとも、思っています。言い訳にしか聞こえませんが。

期待にそぐえないと本当にへこみます。へこみっぱなしは嫌なので、一年間真面目に?通いました。ところが診療に反映はしていません。時期ではないと判断したからです。

今日、今年の研修会2回目の案内が来ました。クローズの研修会なので、あちらからの連絡が全てです。  どうしようかな?????

スムーズに治療は行われています。スムーズすぎて、面白くなくなる性質です。飽きっぽいのが今の惨状を招いているのにね!!

難儀なもんです。

2006年6月22日 (木)

オールスター

スタッフと最近よくしゃべる機会がある。

問題が起こっているので、しゃべっているのであるけれど、こちらは気持ちが楽になる。問題が起こるのも少しはありかなとさえ思う。災い転じて福となす。

知り合いの先生は、宮崎で行われる「オールスター」のチケットをスタッフの分までとって行くそうである。

スタッフに電話をガンガンかけさせたらしい。

絶対楽しい仕事だよな~と思う。

10年ぐらい前から3年ぐらい前まで、7年間も、実はあまりスタッフと関わってこなかった。原因はこちらにある。優秀なスタッフに、のんびり構えていた。

今しかないよなと思って、行動するように少しづつ変えている。あと10年ぐらいなら、仕事も何とかなるレベルには来ていると思う。それほど特別な事をしているつもりはないが、他人の評価は少し違う。

お通夜の帰りにFMを聞いていた。甲元ヒロトの新曲がかかっていた。

「明日こそはと泣きながら、結局今日の勝ち」

今日できることを、見直そう。

2006年6月21日 (水)

リアルタイムの更新

まとめ書きが、尽きてしまい。今リアルタイムに更新しています。

先週は殆ど鹿児島に帰ったのでPCに触れる機会がありませんでした。1週間分をまとめがきしていたので、サッカーの話題にも触れていません。本当は毎日更新すべきなのでしょうが・・・・

今宮崎から治療を終わって帰って来て書いています。

仲良し?に自分の治療をお願いしています。治療中も、治療後も歯科の話しかしません。切磋琢磨?とは言いすぎですが、何かしら進歩を続けている人の集まりです。

治療方針は全然違うのが、良い関係を続けられるコツなのかな?

いま1時過ぎです。全然疲れていません。

今日の診療も全然疲れは無く行えそうです。私の疲れるとは?何が原因なのか・・・

2006年6月20日 (火)

嫌な仕事が終わる 愚痴

嫌な仕事がやっと終わった。ビジネス書には

苦手なことつらいことを最初にやりましょう。そしたら達成感で疲れないのです。

確かにそうかもしれない。学生の頃、徹夜で試験の準備をして終わった後は、疲れて寝るのではなく、逆に元気になって遊びに出ていた。試験は嫌ではないし、必要だから。

今回の仕事は、何も達成感は得られていない。せいせいしただけ。スタッフに助けてもらって、部外者の方にお願いして本当に感謝。達成感がないのは、本当に無駄な仕事と思っているから。言葉の嘘を平気でつく人はいるものです。

二度と、無駄な仕事はしないと心に決められただけでも良かったかな?優柔不断な性格をこのての分野では、絶対に直そうと心に誓う。無駄という言葉を安易に使うのは、嫌なんだけどって、優柔不断!!

痛い目に会ってもすぐに忘れて、同じところに飛んでくる。「ハエ」のような行動パターンを、変えるきっかけになりました。ちなみにハエは50秒しか記憶が持たないそうです。

96be93fa82cc8bl89af 「明日の記憶」http://www.ashitanokioku.jp/でも見に行こうかな。

2006年6月19日 (月)

言葉と体調

スタッフ達の体調が少しづつ戻り始めている。

嬉しい。そして安心。しょうもない話をしながら手を洗っている。体調が悪い時は話しさえしたくない感じだったし、聞いてみるとそうなんだそうでした。

体調が、言葉に出て、言葉が気分に出て、気分が仕事に出る。私は本当に体調主義です。

体調が良い時は殆ど何もトラブラ無い気がする。気づいてないのか?立ち向かっているのか?たぶんほんとに「起きてない」と思う。

この前自分に嘘をついて、体調が良いフリをめざした。

Images_15 インスタントラーメンを元気に作ることで、何とかならんかなと。

異常に元気良く粉スープのアルミ袋を振った。

振りすぎて、真ん中でちぎれて撒き散らして、ワヤヤになったが、おかしくて笑って、体調が良くなった。

ハプニングも役に立つ。

一人だと一人分しかハプニングは起きない。そばに誰かいたほうが、良いのかもしれない。

2006年6月18日 (日)

100万ボルトVSヤマダ電気

Index_1 物凄く大きな「ヤマダ電気」ができた。

オープン記念のときはどでかいチラシが新聞に入っている。日曜日に前を通ると、長蛇の車の列。そんなに電化製品が必要か??と思いながらもチラシを取っている自分。

昨日の夜、ラジカセ(古い!)を買いに出かけた。カセットを聞かなくてはならなくなり、手持ちの奴が壊れたので、急遽2900円(安い)のラジカセを買いました。

100万ヴォルトで・・・・

答えは、簡単お気に入りの店員さんがいるから。以前IPODの修理をお願いした時に、対応が良かった(修理費もタダ!)

やっぱり人かな?と自分の行動で振り返る。価格、目新しさも大事だけど。リピートするには。

楽しい買い物でさえ判断基準は「人」つらい?めんどい?高額な?歯科治療は何を満たせば良いのか?

患者さんの結果だけを重視して治療を進めて来たような気がする。経過も大切。第一印象も大切。

もうすぐインプラント用のCT診断ソフトが入る。ノートパソコンを別に買う予定。

100万ヴォルトになるかな?通販も捨てがたいんだけど。

2006年6月17日 (土)

新人さんの悩み

今週はじめから、一人目の新人さん(衛生士さん)がやってきました。

いきなり 「大変で、大変で、無理そうです」とのこと。「思っていたのと、全然違って」

矯正専門医でのお勤めが長く、一般歯科での経験が乏しいのも、不安に拍車をかけてしまいました。

「矯正の患者さんの時に、頑張ってください。ほかの事は1年ぐらいかかりますよ」

矯正専門での経験が生きていて、「へー」と感心する言葉使いが多いです。貴重な戦力になりそうな気がします。

矯正担当の現在のスタッフは、もうすぐ赤ちゃんが生まれます。今も、かなりきつそうです。

この3ヶ月で3人の新人さんが、お勤めします。上手く移行できるように心配りをするのは、院長の仕事です。幸運にも3名とも歯科衛生士さん!!

7秒間を実行します。

2006年6月16日 (金)

あえて書く 

人は有りえない事のほうを、信じたり、伝えたり、行ったりする。Images_14

幽霊が出るらしい!たたりだよね!的な迷信みたいなことから、               たちの悪い陰口、悪口、奇妙な専門知識。

普通のことは聞いても話しても、つまらないのかしら?                     あまり広まらない。

真面目に働いて、体調にきをつけて、家族と仲良くすると、幸せになれるよ!ってなことより、一攫千金のほうが幸せの近道と考えやすいし、確実    とさえ思っている人がいる。

それもありかなと少しは思えるけれど・・・

仕事が絡むと少しばかり、勝手が違う。特に子供さんのケース。

余分な歯が上の前歯の根っこの所に潜んでいる。ここ2年、模型や写真を取り続けている。口元が閉じなくなり、歯と歯の間も開きが大きくなっている。

「矯正は後でも良いから、余分な歯を抜いたほうが良いですよ」

「また言ってる」とスタッフにはあきれられるが、つい言ってしまう。

「先生はそういうけど、抜かれる子供の身にも成ってください」「親の気持ちが理解できない人なんですね」「主人が様子を見ようといいました」

どうしたら,いいんだろう???

2005072001 CMのオダギリジョーの気分だなと想像したら、楽になった。

つづく!!!!

2006年6月15日 (木)

カウンセリングのコツ

15年前、アメ車が欲しかった時期があります。

H204109200101010101b0000006l 名前は「ビュイック・パークアベニュー・ウルトラ」ナンジャこりゃ?な響きですが、当時は欲しくてたまらない!!!!

コラムシフトにベンチシート レンジが変ると、機械的に赤のセルロイドが、「がちゃ!」と動く。新登場なのに、時代錯誤なお粗末仕様があちこちに、アメ車といえど許せる範囲のギリギリかな?

試乗してみるとこれが、車幅、長さ共に当時のSにはるサイズでも中はコンパクト。 視界は悪い。後部座席に乗った奥さんのお母さんはすぐに気分が悪くなりました。 燃費は悪い。スピードも遅い。取り回しは最悪。三角窓!!

それでも欲しい!!セールスの方に聞きました。

私   「アメ車って悪く言われますが。これは?」

セ   「大丈夫です。壊れても動きます」

私   「壊れるんですか?」

セ   「はい!でも壊れても動くんですよ。これは」

壊れていても動くほうがかえって怖い気もするが?

それでも欲しい。しかし・・・・

結局ベンチシートに乗る事はありませんでした。

理由は簡単でした。                              

2006年6月14日 (水)

体調管理と頑丈さと

前倒し日記なので、全然ワールドカップについて書いてません。

先週の土日に昔の友人に会った。

「あんたは、頑丈だは」そうかな?と思うが確かに無事ではある。

ただ単に、淡々と過ごしているだけな気もする。

開業当初、物凄く胃が痛かった「これがストレスか!!」と少し嬉しい気持ちになった。診療を続けていると、夕方には足もつけないくらいの痛みに代わりだした。

「何か違う?」

夜に知り合いに見てもらうと「盲腸だよ、どうする手術したほうがいい位の数値だよ」

「おくすりで散らしてください」

お願いして抗生剤の点滴で何とかしのいだ。

現在まで休んだのは、半日だけ。「インフルエンザかな?」と疑って検査に行ったときだけ。結果はかぜでした。

スタッフの体調管理に、少し悩む今日この頃。チーフがいる間にお話し合いかな?

2006年6月13日 (火)

最新号のブルータス

ワールドカップが終わると自宅からテレビをなくします!!

家族がいないので、ついテレビに話しかける。「おいおいそれか?」とか突っ込んでいる。

独り言が著明になってきている。いかん!!絶対いかん!!

ドラマは見ないし、野球もみない、映画も見ないし、バラエティーも見ない。趣味として楽しみとしてテレビを見てない。ニュースや報道番組をみるぐらいなのに最近は・・・

秋田の嫌なニュースばっかり、嫌気がさした。テレビは要らない。

2332 最新号の「ブルータス」が本の特集。

以前はダヴィンチを必ず買っていた。隅から隅までなめるように読んでいたのに、ネットで本を選ぶようになって、小説は読まないと決めて、買わなくなった。

久しぶりに、本の特集号を読むと、ほんとに楽しい。

長男とファミレスでお昼を食べながら読む。「あー全然本読んでない」・・・・ここは一発「フォトリーディング」と切実に思う。

テーブルの向こうで長男も本を読んでいる。「デンジャラスじーさん」http://www.kids-station.com/game/dangerous_jiisan/j3/j3_main.html

「お父さん見てほら!!」とお気に入りのページを見せてくれる。面白いので少し笑った。

2006年6月12日 (月)

スタッフの入れ替え?

もうすぐ一時(お願いね)辞めちゃう2名のスタッフの補充のめどがつきました。新しい二人も衛生士さんでほっと一安心。

問題は二人とも患者さんからのご指名が多いこと。

一人は矯正担当に力を発揮。もう一人はスーパー癒しに力を発揮。院長の力の無さを

補ってお釣りがたくさんくるスタッフです。たまに違うスタッフがつくと・・・

あとで電話でクレームが来ます。んーーーーー

ここは院長のお仕事です。知恵を絞りましょう。

去年新人をお願いした時に、少しどじを踏みました。猛省しました。

今は改善されてるかな?院長を改善しないと、物事は変りません。

002_001_001_09_02 もうすぐ七夕です。2年前に七夕を院内でしました。短冊を患者さんに書いてもらう

院長はころりと忘れていたのに、「七夕いつからしますか?」

尋ねてくれるスタッフに感謝します。

イミテーションの2万もする笹を天井から下ろすのは院長の仕事かな!!

2006年6月11日 (日)

欲しいものねー

50手前になると、欲しいものがかなり減る。特に私物ではゼロかな?

巷には様々なグッズの雑誌があふれているが、立ち読みするだけ。時計は失くすし、車はぶつけても平気、洋服は欲しいけど、いかんせんセンスが無い。以前サンローラン(その時点で間違ってる気がする)の緑のズボンを持っていた。知り合いの一言は

「郵便やさんかと思った」(深い意味はありません)

筆記具や,鞄などの小物も欲しいが扱いが乱暴。大昔けっこうするマネークリップを買った。失くすイコールお金も失くす。大切にしまっていたら、失くしてしまった。電化製品もなぜかすぐに壊れるので手が出ない。お金が貯まりそうであるが・・・・

仕事に関しては、欲しいものが山のようにある。そして大胆に買うほうかなと思う。もうすぐ買うだろうなと思っている機材が数点。考慮はあまりしない。今回欲しいものも、漠然としていたら、たくさんの候補から自然に絞られてきた感じ。欲しいものがあっても調べることは本当に無い。

コンビニで患者さんに出会う。子供さんも一緒で入り口ですれ違った。手にはお菓子を握り締めている。うれしそうが溢れている。

最近うれしい買い物をしたことが無い。7月に期待。スタッフは少し大変だろうけど、患者さんがうれしくなること受けあいの商品。それまでに少し頑張らないとね。

2006年6月10日 (土)

背番号は10番

歯科医師会の野球チームに所属して3回目のユニフォームの変更。今回は上は赤!!背番号も変えてよいとのことで、10番か28番を希望。一応試着して見ると良い感じです。九地連という年に一回の野球大会まであと5ヶ月きりました。

宮崎県歯科医師会の野球部は、ほんとに「良い人」が多いと思います。だからこそ、今年は本県開催なので、優勝を目指すというか、一回戦負けだけは回避しないとね。開催県は最後まで会場にいなくてはいけません。試合に負けてしまうと!!!

前回の宮崎大会では、一回戦に先発しました。

試合前、マウンドで生まれて初めての変な気持ちになりました。最初は意味がよく分からずに、病気かな?発作かな?と感じたのですが、要は緊張して膝が笑って?いたのでした。

大人になって良い経験と、感謝しています。幸い一回戦は勝ち上がり、膝の震えは無駄にはなりませんでした。

去年は決勝戦でぼろ負けしました。「黒土持」を仕込む時期はもうすぐです。

2006年6月 9日 (金)

ゆですぎるスパゲッティー

Minosan3 お昼に、みのもんたを見ていた。正確には「思いっきりテレビ」http://www.ntv.co.jp/omo-tv/の健康コーナー。

お店から、ココアや大葉やキムチを消し去る影響力、皆さんご存知のコーナー。ちょうどお昼ご飯用に「スパゲッティー」を茹でている最中でした。今日のテーマは「心臓」。以前書いたように私の父方は「梗塞家系」です。ほぼ全員が心筋梗塞。知っている範囲では男女を問わず100%。

コンロの場所からはテレビが見えない。「音声だけ聞けばいいや」と煮立った寸胴に麺を投入。クルクル混ぜて7分間待てば良しと。

6分を過ぎてそろそろかなと思っていると・・・

「心臓の血流を短期間で改善する運動」と聞こえてきた。「じゃあ皆さんも真似して」とみのもんたの声が聞こえる。「イラストのように・・・」アシスタントの声も聞こえる。「あーこれは良いや」とゲストの声。寸胴のなかの麺は・・・・

「早くしないとゆだっちゃうよ」

鍋の前を離れて、テレビの前で胸の前で手を押したり正座をしている私。11分茹った麺はそれなりに美味しかった。

Kisaragi_mori_1 明日は蕎麦にしよう。

2006年6月 8日 (木)

笑うスタッフ

最後の患者さんと話しながら皆で笑っている。よく笑うよなあと感心する。

私は笑顔が足りない。よく注意されていた。最近は少しづつ努力している。効果はある。物凄くある。笑わないと損だとさえ思う。しかし

どうしても笑いながらしゃべれない。躾けられた。

少し正確では無いけど、笑いながらしゃべる人が、実は物凄く苦手。特に話し終わった後に自分で笑う人。

おかしくて笑ってるんじゃないのかも?反射なのか、テクニックなのか、そう思うことにした。笑いながらしゃべるのは無理なので、微笑みながらしゃべろうと思う。

笑うのはおかしい時に取っておきたい。

2006年6月 7日 (水)

校庭を眺める

日曜日は長男の参観日でした。来なくていい!!とのことでしたが、行きました。

鉄筋の4階建て校舎の3階、子供は窓際の一番後ろに座っています。真後ろに立ってしばらく窓から校庭を見ていました。西田小学校は校庭の眺めが良い。校庭と校舎の位置関係で、自分の時は窓からの風景に恵まれませんでした。

授業は国語で辞書の引き方でした。「総画」で調べましょう。音訓で調べましょう。部首で調べましょう。さてこんな事小学校の時に習ったけか?

4年生だからでしょうか、先生も大人の言葉です。微妙なジョークは少し通じず大変だなとちょっと思いました。メリハリの利いた良い先生で安心しました。長女が6年生のときの先生に雰囲気が似ていました。

長女の卒業式のとき担任の先生のお話にほんとに感動しました。前も書いたかもしれませんが、号泣しだす子供が出たほどです。普通は夢に向かってとか、未来はとか、思い出を大切にとか前向きなエールを卒業式には送るものでしょうが、その先生は・・・・

最後に皆さんに言います。これからつらいことや大変なことが起きるかもしれません。でもね、何とかなる、何とかなります、何とかなるんです!!嫌だなとだけ思わなければ。皆さん全員何とかなります。本当に何とかなります。

非常に全方位的な無敵のアドバイス。その後、先生が何故そう思っているのかのエピソードは割愛します。制度に負けてる場合じゃないや。嫌々仕事しても問題は解決しません。

Images_13 Hitsuji004_small          それにしてもみんなの習字は「麦」なのに何でお前ともう一人の子だけ「羊」なんだ?家庭の事情か?

2006年6月 6日 (火)

変る世の中 虫歯予防デー

歯科医師会主催の虫歯予防フェスティバルが、3日都城市の会館で行われた。

検診や、無料フッ素、手形作り、歯科相談など例年たくさんの親子連れの方が来られる。予約券を配る盛況だった。だった??今年はどうしたものか?かなり少ない印象を受けた。少子化なのか?もっと奥深い変化なのか?

ホールのほうでは、「摂食障害」についての講演が九州歯科大学教授、柿木先生を招いて行われた。硬い内容で、入りが心配されたのだが、大盛況!!質問用紙もたくさん集まった。

やはり何か変化しているのかもしれない。

念仏のように、「歯科の新しい未来」と唱える人は置いといて、頭の中でしっかり考えないと、錯誤を繰り返さないと立ち行かない分野である。現在訪問で入れ歯の調整を2件している。以前の経験から「よっしゃー」と自信満々で乗り込んだのだが・・・・・

ご家庭に呼ばれて入れ歯を調整、作成していた時とは少し状況が違う。テクニックだけで乗り切るのは少し大変。苦手な地道な行動が必要。色々な噂を聞くと、早くしなくてはと本当に思う。10年後、20年後の自分達のためにも・・・・・

お人柄を変える時期に来ているのかもしれない。

2006年6月 5日 (月)

頼みごと体質な私

Inplant 骨の無いところにも、インプラントを打つケースが最近出てきました。上下に無い場合、左右に無い場合、難しくてもそこに打たないと意味が無ければ、工夫を凝らします。

奥歯はまだよし?としても目立つ前歯に関しては、打つ場所は優先事項です。考えた結果は・・・

骨を作らなくてはいけません。

膜と、材料の選択で迷います。術式は別に普通でいいのですが。材料で悩みます。結局普通の膜と、自家骨とβーTCPで行きます。別な材料も考えていたのですが、昨日知り合いに聞いて決めました。そして

「膜ある?」と頼みごと、少しお酒が入っていたので、スンナリ頼めました。毎回こちらからお願い事ばかりで、ほんとに助かります。ありがとうN先生。これで、安心。

スタッフにもほんとに良く頼みます。引き受けてくれます。

「ありがとう」と言ってるかな?何か言い方が少ないような気がします。今週はありがとう週間です。7月は、研修会で結構休みます。スタッフに告げると大喜びですが、かなり悲しい気分です。そうだ!!!

K先生に代診かしてと頼もう!!あとS先生に矯正装置を作ってと頼んで、O先生にDVDを頂戴と頼んで・・・・

2006年6月 4日 (日)

悪霊退散

虫の知らせ?本当に大事なことでは絶対起きません。虫の知らせが起きた時は、物凄く嫌なことでも、「大事なこと」ではないんだと思うようにしています。不愉快だけど、たいした事ではない。気にしない。

本当に必要で大事なことは物凄く大変だったり、面倒だったりするけど、嫌だったり、不愉快ではないし、そんなこと考える余裕すらない。前からの悪霊が少し跋扈しだしました。一時期封じ込めたのですが・・・・

悪霊退散!!と唱える時があります。十字を切るわけでもなく、塩をまくわけでもなく。心の中で悪霊退散と呟きます。通じるのかどうか?そんなに被害はこうむりません。私自身に来る悪霊は何とでも出来ますが、それ以外は・・・・・いい加減にしろよと次回は言うかもしれません。

準備不足が得意です。準備不足は必ず悪霊を連れてきます。心の中で唱えても少し無理めな悪霊が。

スタッフに「吸収性膜」と「急速拡大装置」と「舌側孤線装置」の督促をされました。「来週の水曜日です」    ハイハイわかりました。自分でするといったのが間違いでした。

2006年6月 3日 (土)

夜のジャスコ

 Cast_fukada_1Cast_tsuchiya_1                   04年5月深田恭子と土屋アンナの共演で「下妻物語」という邦画がありました。何が引っかかったのか?見たくてたまらず、レンタルやさんに行きました。その後のWOWの放送は録画しました。時々流し見します。地上波も見ました。

映画に思い入れや興味はあまり無いのですが、たまに邦画にはまります。

最初にはまったのは「竜二」でした。学生の頃「映画の日」という理由だけで何の予備知識も無く見た映画でした。ラストに流れるテーマソングは今でも時々頭の中で流れます。次は「チンピラ」  映画のオープニングをビデオからカセットに録音して、ドライビングテープにしていました。オープニングのゴタゴタから、黄色のカマロで走り出すシーンと音楽、会話が気に入っていました。

Tuborg 映画の中で柴田恭平とジョニー大倉が、飲んでいたビールが白の「TUBORGU」。20年前、近所の酒屋に、普通に置いてあったのを見た時は、感動しました。めぼしい酒が何でもある「Y酒店」・・・・・・かなりびっくりします。

下妻物語のなかで、ゴスロリの深田恭子との対比で出てくるのが「ジャスコ」 映画と同じ時期に偶然、都城にも全国展開大型商業施設「ジャスコ」が出来ました。映画の中でのジャスコそのものでした。茨城でも、都城でも「ジャスコ」のパワーは変らないんだな。

夜に車で15分,、信号機は二つという都城ジャスコに買い物行きました。メモリーフラッシュと、リンゴとレトルト食品を買いました。買い物以外にも目的はあったのですが、果たせませんでした。

2006年6月 2日 (金)

嫌な言葉(まずいんじゃないの)

若い子達が「やだー」と軽々しく言うのはもう慣れた。本音だったり、本音じゃなかったり、色んなケースが考えられる。相手側だけの責任とも言い切れない。集団になるとちょっと事情は変りますが。必要な時には説得や理解を心がけるし行う。6対4で上手く行くかな?数字の意味はケースだったり、人数だったり100はどんな時でも無い。

「ちょっとまずいんですよね」

使ったことも無ければ、今まで周りで使う人は、いなかった。大人の言葉なのか?

「何がまずいんですか?」  「いやー、すこしですね」

初めての経験に最初は興味深かったが、違和感が先行し出した。周りの反応は違う。自分のほうがおかしいのかもしれないとほんとに思った。最初はそんなものかと思っていたが、違和感は膨れるばかり、そのうち、飽きることで対処した。

他のところに同じような事例の対処を聞いてみた。

何がまずいのか?益々判らないくなった。灰色が嫌いなわけではない。どちらかというと好きな色だ。違和感は好きだし大事だと思う。もう少し頭が柔軟だったらね。父親に似てきていると本当に感じる。

2006年6月 1日 (木)

顎の動きが気になりますか?

月曜日に、被験者になって、顎の動きを見ました。耳のそばに鉛筆を当てる昔ながらの方法です。SCMといわれています。患者さんのみになって初めて判るのですが、手際が大事。治療計画や、未来の予想には本当に役に立つ検査です。簡単だしね。

口の開け閉めの時の耳のそばの顎関節のなかをどんな風に、動くかを見ます。私の場合、量、タイミング共に、完璧です。皆がびっくりしていました。私もびっくりしてました。なぜなら?

患者さんに、よく言います。「大丈夫です、気になるなら治療をしましょう。顎関節が完璧に正常な大人はいません。年齢に連れてゼロに近くなります。」「気にしなければ、日常生活に差しさわりが無ければ、今の状態で大丈夫です。必要な時は私が判断します」

「顎の動きが気になりますか?」あくまでも患者さん主導です。

そうは言っても、術者であるこちらは実は物凄く気を使うのです。しかし患者さんには必要以上に気を使わせません。からだのパーツは全部、少しづつおんぼろになります。顎関節だけが無事ということはありません。しかし

私は完璧です。顎関節だけが!!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »