« エムドゲイン 週刊朝日 | トップページ | インプラントの講習会 »

2006年5月 8日 (月)

スプリンター1300XL

学生の頃車は買ってもらえないと、思っていました。理由はヒミツ!

免許を取ってしばらくして母親が少し体調を崩しました。土日にJRで家に結構帰っていました。それまで年に3日しか(盆が1日、年末が2日)帰って来なかった息子が頻繁に帰って来ることに、感激したのか・・・・

「朝清、車買ってあげようか?」母親が言いました。

Mizeet1 「チャーーーーンス!!!!!」すぐに母親の手を握り締めて引きずるように車屋さんに向かいました。最初に見た車に「これでいい!!買って買って買って」   ダイハツミゼットでした。おバカな子供状態になっていました。

最終的に決まったのはタイトルの車です。トレノから、ヒエラルキーが降りてくるスプリンターの中で下から2番です(一番下を一回も見たことはありません)学生時代の甘酸っぱい思い出をギュウギュウに詰め込んだ、愛車でした。名前を「トモキヨーン」とつけていました。

「トモキヨーン」の様々な思いではいつか。

「トモキヨーン」とお別れする日は、12月30日でした。次の車は新車のパジェロ(21年前)でした。「トモキヨーン!!」車に話しかけてる夕暮れ、畑の向こうから近づいてくる、白いパジェロが見えました。「トモキヨーン」に話しかけていた私は、手を振りながら「パジェロ」に向かって走り出していました。

連休で院内の設備が少し変わりました。お世話になった昔の機材にきちんと「ありがとう」と言いました。「トモキヨーン」の轍は踏みません。

« エムドゲイン 週刊朝日 | トップページ | インプラントの講習会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エムドゲイン 週刊朝日 | トップページ | インプラントの講習会 »