« インプラントな夜 | トップページ | 度忘れ すいません »

2006年5月16日 (火)

矯正にはまりそう

日曜日に、保田先生の矯正塾がありました。3年目のコースも後一回で終わります。フォローアップで、来期からも延々と続かせてて下さるそうです。(謝謝) 今年はスタッフの辞めの矯正実技指導、お兄さんを招かれての特別講義、もあります。そして 講義、実習のほかに、受講生の歯科医院に直接きていただいて、難症例などを指導してくださいます、

「どうしてそこまで??」

北は延岡から、南は都城まで二日がかりの大変な作業です。当院にも3回来て頂きました。静岡と東京でもコースをもたれており、疲れない身体のヒミツを知りたい!!大阪から飛行機で来られて、レンタカーを自分で運転されて!!

「矯正専門医の数が少ないし、最初はフォローが必要かな」と言われるのですが。

その他にもメールでの矯正相談を行ってくださいます。「矯正にはまらざる負えない」と帰りの車の中でS先生とお話しました。阪大矯正科の元助教授と言う肩書きを知ったのは後でした。きっかけは4年前の「ダイレクトボンディング」の実習コースです。同伴したスタッフにやらせて、サボって煙草を吸っていました。矯正に関しては「未知の暗黒大陸」で、何とかしようと思っていたのでしょうが、「保田先生」のコースを受講した経緯は覚えていません。ご縁だったのかな??

同日おなじ会場の2階ではK先生が、研修会のフォローアップを二日にわたりしていました。20日は「霧島会」の症例祭りが泊り込みであります。27日は鹿児島大学の福岡支部の主催で各県の凄腕の歯科医院の発表会が、28日は口臭治療のセミナーが。土日は家に帰れません。

日曜日、久しぶりに鹿児島に泊まりました。長男が髪を切っていました。夕食を一緒に食べて、同じ屋根の下で寝るだけです。それでも、少し安心します。診療時間、形態の見直しを、医院の見直しを、家族のために、スタッフのために、自分のために、患者さんのために。

« インプラントな夜 | トップページ | 度忘れ すいません »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インプラントな夜 | トップページ | 度忘れ すいません »