« アメンボ村カヌー体験 | トップページ | エムドゲイン 週刊朝日 »

2006年5月 6日 (土)

アメンボ村 カヌー体験つづき

昨日の続き

約一時間、広いダム湖の中をクルクル遊んで、そろそろ終わりという時に、「一回だけ、物凄くこいだらどれくらいスピードが出るんだろう?」 おバカな考えが浮かんできました。即実行!!岸に向かって全速力で漕ぎました。後もう少しというところで・・・

Pad1 ひっくり返りました。

生まれて初めて(当たりまえ)カヌーでひっくり返る!!なぜ転覆したのかはまるで判りません。水の中でまっさかさまです。気がついたら、カヌーから抜け出して、半分沈みかけてるカヌーにしがみついていました。

カヌーには、水が入っていて航行不可能です。水上で乗り込むにも少しコツがいりそうです。パドルも流されています。岸まで泳ごうと思ったのですが、濡れた洋服でこれがしんどい。ライフジャケットが無かったら?と思うとぞっとします。インストラクターの方が沈みかけてるカヌーを引いてきてくださいました。

心配そうに長男が近づいて来ます。

長男  「お父さん?」

私   「なに?」

長男  「僕も、泳いでいい?」

ひっくり返った時は、びっくりして心配だったそうですが、泳いでるのを見たら楽しそうとの事。心の中で「バカだな~」とつぶやきます。

私   「いいよ、泳いで」

長男  「わーい!」 ザブン!!  「さみー!!!つめてー」

シャワーを浴びて帰り際、インストラクターの方が「水に浮かんでいたので、拾っておきました、まだ吸えると思いますよ」 と封を開けてないセブンスターを渡されました。ひっくり返ったのは水の神様が怒ったのかもしれません。

湖は禁煙です。

« アメンボ村カヌー体験 | トップページ | エムドゲイン 週刊朝日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメンボ村カヌー体験 | トップページ | エムドゲイン 週刊朝日 »