« 様子を見ましょう。 | トップページ | ありがとうは7秒で »

2006年5月13日 (土)

本を読む患者さん

チェアーに座られる時に、本を持参される患者様がいます。「いいなー」

A006a1 他人が本を読んでる姿を、田舎では図書館以外では見かけません。たまに東京に行くと電車の中で活字を読んでいる人を結構見ます。本の4割は東京で消費されるというのを読んだ事があります。こんな人がこんな本を?と楽しくなります。色んな本があるものです。

Ribon08m 栞の必要性を感じたことがありませんでした。読み始めたら読みきるからでした。

電車の中の読書ではそうはいきません。どの人も本の上の部分から栞が見えています。目的の駅が近づくと、栞を挟みなおして本を閉じます。

こういう読書もしてみよう。

子供が小さい頃、公園に連れて行きました。危なっかしい遊具(親が思ってるだけですが)のところには、連れていきません。結果的に地味な遊具の狭い公園になります。人もいません。危なくないし、目が届きます。子供を放ち(?)ベンチに仰向けになって本を読みます。青空を見ながらの読書は(金儲けの本でも)いいものです。しかし子供のご機嫌にもよるのですが、短い時間で読書は中断になります。栞を挟んで本を閉じ、子供のブランコを押します。

最近余裕がありません。あえて選ぼうとしている道ですが・・・

« 様子を見ましょう。 | トップページ | ありがとうは7秒で »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 様子を見ましょう。 | トップページ | ありがとうは7秒で »