« ツバメが来ました | トップページ | 当院のツバメ »

2006年4月 6日 (木)

昨日の飲み会

994160562 スタッフが体調が悪く、ギリギリのメンバーで仕事をしています。早く元気になってくれ!!

患者さんへの初診時の説明も自分がしました。渋い?患者さんが続いたので、少し楽しい。初診時に「主訴」をして次回は資料集め、3回目にコンサルという流れになっています。もちろん、この流れを全員にするわけではありません。

中には、時間をとって私自身がするケースがあります。どうしても院長自ら「べらべら」しゃべるので、戒めるために、「他に困ったことや?聞きたいことは無いですか?」と最初に聞くようにしています。最初は皆さん緊張や口ごもりがちです。黙って待っていると、出てきます。

昨日の患者さんは、結局13個出てきました。次の診療から取り組むことを、明確にして、残りは、再度の資料集めがいることを告げます。

患者さんは、何を望んでいるか?

昨日の飲み会で矯正専門医の先生とお話しました。「お金が左右することは無いよね」患者さんが、選択する基準は、お金ではないみたいです。「1割。2割。安くしたからといって、関係ないよ」「無理に治療を勧めない」

Images_2 つい走りがちな、自分を戒めます。

最近は昔ほど歯槽膿漏もシビアーにつめなくなりました。10枚法をとって、初診から歯磨きスコアーが落ちるまで、ブラッシング指導をほぼ全員にしていました。スタッフ,患者さん共に、たいへんだったかな?

少し方針を変えました。それなりの効果は出ています。でも煮詰めなくてはいけない患者さんがいるのも事実です。さてどうすれば??

« ツバメが来ました | トップページ | 当院のツバメ »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバメが来ました | トップページ | 当院のツバメ »