« 虎武竜 ロード13章 大嫌い | トップページ | 疲れない身体 »

2006年4月 2日 (日)

ボールと保険制度

1245661705 土曜日は歯科医師会の野球でした。

ほぼ半年振りに、グラウンドに行きました。宮崎銀行さんとの試合です。結果はそつなく3対1で勝ちました。4回までは私が投げて、以降をM先生が投げました。上々の滑り出しに試合後の焼肉で、グビグビのみました。

今回、ボールが変更になりました。以前のディンプルが消えました。だいぶ前にもディンプルの形の変更がありました。今回は、ディンプルそのものがなくなったのです。

弾み方も違います。重さも全然違います。

変えた理由は何なのでしょう?誰が決めたのか?草野球の親父が色々言っても詮無いことですが、「少し変えすぎちゃう?」

仕組みは必要です。変更も大切です。野球のボール以上に変ったのが、歯科の今回の保険制度です。点数もさることながら、ルールの変更?が、大きいかな。

受診者には、明朗になってよい方向だと思います。患者さんが歯科の大切さを意識するチャンスになるのでは?と考えています。

ただし変更を決定をした側の意図は全然別なところにあるような気が・・・・

前回改定時に歯科側の不祥事?がありました。会長さんが行ったことは、改定を左右するのに、「そういうシステム」が歴然としてあるので役目上使用しただけと考えています。「システム」を使用できなかった今回の結果を見れば、新しい社会的な「システム」をつくる必要があるのでは?会の事に「知らん振り」を決めるのはもう少し後にしましょう。

ボールの変更は、打者には朗報だと思います。明らかに飛びます。打撃戦を増やす意図らしいとの話もうなずけます。投手には受難かというと、そうでもないかな?打ち気のバッターのほうが、投げていて楽しいと私は思います。

今回の面倒な書類の配布も、患者さんとの「コミュニケーション」が取れて、デンタルIQ(嫌いな言葉)が上がるチャンスかな?

受診率のアップは歯科医師会があげる大目標だったはず。

« 虎武竜 ロード13章 大嫌い | トップページ | 疲れない身体 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虎武竜 ロード13章 大嫌い | トップページ | 疲れない身体 »