« ブログのスタイル | トップページ | 医院のルール »

2006年3月 3日 (金)

患者さんの欲求

嫌いな歯科医院に来るからには何かしらの理由があるはずです。「取れたからつけて」が最初の理由です。レントゲンを撮りました。「これは、少し無理っぽいですよ」レントゲンを口腔内写真を見せながら説明します。「じゃあここは、どうなるの?」「入れ歯かな?」「入れ歯は嫌いだし、困るんだけど!」「ほって置くのも一つの手ですし、保険の利かない治療もあります」「すぐできて、保険内で、入れられる入れ歯はできないの?」「そのためには模型や、資料を集めないと判断できません」「なんで?あとね前歯がゆがんて来たのも気になるんだけど」「動いた歯を戻すのは矯正ですし、その前に動いた原因を、、」「矯正はせんから、話はいいわ」「これを元に戻せないの??」「無理かもしれません」「ここは優しいと聞いてきたのに?どうして」

愚痴ではありません。

ここまで極端ではなくても、似たようなケースは多くあります。ここで相手の懐に飛び込める自然なテクニックは持っていません。少し頭を使わなくてはいけません。色んな事を考えます。実験です。

« ブログのスタイル | トップページ | 医院のルール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログのスタイル | トップページ | 医院のルール »