« 歯科 昨日の講演会 | トップページ | 実のある会話 »

2006年3月 7日 (火)

電車に乗ると

田舎にいると、大勢の人というものをあまり見ません。

せいぜい休日のジャスコぐらいです。1604635153

長蛇の列とか並んだことないし、「関越道上り30キロの渋滞」といわれても、関越道がピント来ません。テレビの画面で見るだけです。愛知万博に行った患者さんの話を聞きました。絶対行きたくないと思いました。

都会に出ると、人が大勢いるので、見てる分にはあきません。子供達と、旅行したときに面白い人を見つける遊びをしました。長女が羽田に着いたとたんに見つけた「アフロ」がチャンピオンになりました。Images2

都城でアフロを見たことがありません。ひょとしたら、一人もいないはず。アフロの患者さんは一度も見たことがありません。

クレヨンしんちゃんの影響でうちの子供は二人とも、アフロを見ると気が狂います。空港で発見したアフロの後をつけました。たまたま、行き先が同じでした。同じ車両に無理やり乗り、長男は背が小さいので、人が多いと、見ることができません。下から

「おとうさん アフロ見失わないでね」 声がでけー。

長男はよせばいいのに、追い越して顔を見ました。見た瞬間に全力で笑いをこらえながら、うずくまっています。「いいなー楽しそうで」 本人なりに気を使ってはいるのでしょうが、「ギリギリ」かな

一人のときも、他人の顔をよく見ています。電車のなかは、対象が動かないし、明るいしサンプルも多いので楽です。そのままではいかんやろ。

どうして口をあきっぱなし?開けざる負えない人は仕方ないとして。歯医者の総会でやはり人を見ていました。「ポケー」と開けてる人がいます。

« 歯科 昨日の講演会 | トップページ | 実のある会話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯科 昨日の講演会 | トップページ | 実のある会話 »