« 久しぶりの | トップページ | 問診表 »

2006年3月14日 (火)

球春到来 歯科医の野球

1069581108 宮崎県歯科医師会の野球部に入っています。今年は九州大会が宮崎で行われます。遠方より、年に一回の大会に歯科医のおっさんがユニフォームを着て、各県より集まります。準備を怠り無く、手伝うことは全てきちんとします。

先ほど送られてきたファックスに「4グラウンドを仮押さえして、敗者のチームも試合ができるようにしよう」という案が出ていることが書いてありました。

練習に行くときに相乗りするT先生とよく「敗者の試合の話していたのですが、実現に向かっているとは!!

具体的に考えると、沢山大変なことが出てきます。試合数が一挙に倍になるわけです。3月18日に集まりを開いて、話し合いが行われます。多分よい方向でまとまるのかな?野球部が好きなのはこんなところです。

各県の先生方に折角、球場の確保等で条件のよい宮崎まで来てもらうのだから、喜んでもらいたい。動機はそれだけですからね。大変なことを具体的にして、つぶしていけばいいだけです。「大変だからこそ、やりがいもあるじゃん」的な雰囲気です。50、60のおじさんたちが考えるのです。何が違うのかな~??

「大変そうだよね」と口にする人がいます。そして突き進むのは、真ん中にいる本当に大変な人たちです。「大変みたいな気がするような感じ」 したり顔で最後まで言っているのは、傍観者です。そして最後に出てきます。「ドラマみたい」は人間はいるのです。

本当に、何が違うのかな?

« 久しぶりの | トップページ | 問診表 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの | トップページ | 問診表 »