« 家族と映画 | トップページ | バレンタインデーの夜明け »

2006年2月14日 (火)

院長の仕事

個別面談で「働け院長」と指摘されてから、とりあえず院長室にこもる、スタッフルームでくつろぐを自粛しました。言い訳をするならこもってるときは、PCを扱ってるんですけど。HPの更新は朝一番か、仕事終了時に限定されます。ブログ、トピックス、Q&A、コラム、更新に1時間はかかります。写真の挿入などPCの扱いにもなれたので、これから内容を煮詰めようかな思ってたのに。

左のほうの更新も少しづつやらないといけんのに。ブラインドタッチができないので、手書き文章の書き換えが、苦手です。

昨日から、心を入れ替えたわけですが、アナグマ生活をやめると、少し効果があります。患者さんと無駄話をするようになりました。床や、チェアーのチェックを始めました。レントゲンの方のパソコンで患者さん資料を見る様になりました。買った当初は、よく見てたのに、最近飽きたのでチェックしてませんでした。電子カルテに連動させてると、もっと便利かな?と感じ始めてます。

個人トレーも「私の係り」になりました。見積書も自分でテンプレートを見つけて作りました。生まれて初めて、書類を作りました。早速スタッフにに自慢しました。でも計画書と、契約書は、テンプレートが見つからなかったので、スタッフに作ってもらうつもりです。

今まで、見積もりも、計画書も、契約書もなかったことが反省です。2号用紙に手書きでした。HPを作って、「料金表」を作成したことがスタートでした。面談で「お金」の勘違いや不統一に気づいたことも、後押ししました。めったに起きないトラブルですが、お金のトラブルは双方に悪影響を及ぼします。

今日の夜は、矯正の説明です。「家族全員できてね」とよく言います。治療内容もですが、お金のことも、複数の人に知ってもらうようにしています。977316919 5年ぐらい前に、1回だけ「びっくり」するトラブルがありました。それ以来、保険外の説明はしっかりするようになりました。

« 家族と映画 | トップページ | バレンタインデーの夜明け »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長の仕事:

« 家族と映画 | トップページ | バレンタインデーの夜明け »